Japan International Forestry Promotion and Cooperation Center
国際ワークショップ “乾燥地域・半乾燥地における森林造成と水問題” の開催


 世界の森林に関するFAOの報告によれば,毎年780万haの森林が造成されている一方で,途上国を中心になお1300万haの森林が減少・劣化しているとされています。こうした森林の減少・劣化は,農業開発,鉱山開発等のための森林の他用途への転換や焼畑や過放牧,木炭生産のための伐採などの諸活動により引き起こされています。
 特に,乾燥地及び半乾燥地地域では,もともと土地の生産力が低いこと,また住民が貧困状態にあることなどから,森林の復旧により困難を伴う場合が多いことに加え,干ばつの被害を受けやすく,水の消費者となる樹木の植栽については慎重な対応が必要となります。

 今回のワークショップでは,乾燥地域・半乾燥地域における森林造成と水の問題について,基調講演及び現地からの報告を含めた発表を行い,今後の取組方向について会場参加者との間で討議を行います。

 多数の皆様のご参加をお待ちしています。
 

◆日 時: 平成26年1月28日(火)13時30分〜16時30分 (開場13時予定)
   
◆場 所: 国立オリンピック記念青少年総合センター (センター棟 309号室)
  東京都渋谷区代々木神園町 3番1号(アクセス:地図
   
◆次 第:
時 間 内   容
13:30 開会
13:30〜13:35 主催者挨拶
13:35〜13:40 来賓挨拶
13:40〜14:30 基調講演:
  ○ 乾燥地域・半乾燥地域の森林造成と水問題
      吉川 賢 講師, 岡山大学大学院環境生命科学研究科 教授
14:30〜15:30 パネリスト報告
   @ 中国の乾燥地・半乾燥地造林の取組
      山下 昌一 講師, 海外林業コンサルタンツ協会 主任研究員
   A ミャンマーの乾燥地・半乾燥地造林の取組
      Maung Myo 講師, ミャンマー国環境保全森林省森林局 Range officer
   B アフリカ西部乾燥地域での節水・集水技術
      菅川 拓也 講師, 緑のサヘル 事務局長
15:30〜15:45 休憩
15:45〜16:30 パネルディスカッション及び質疑応答
16:30 閉会
   
◆定 員: 100名程度
   
◆申 込: こちらからお申し込み下さい。→(申込みフォーム
 
◆参加料: 無料

なお,ワークショップの終了後,5時頃から,講師の方々との懇親会(会費:2,000円)の開催を計画しています。
懇親会への参加を希望される方は,ワークショップ参加申込時に併せてお申し込みいただきたく,お願い申し上げます。
  会場: 国立オリンピック記念青少年総合センター内 (調整中)


これまでに開催した講演会,シンポジウム等のページへ