Japan International Forestry Promotion and Cooperation Center
国際パネルディスカッションの開催
〜 生物多様性を考慮した森林の保全・育成 〜


 昨年,我が国において生物多様性条約にかかるCOP10が開催され,生物多様性保全の重要性がクローズアップされる中,地球温暖化防止対策としてのREDD+の国際的な議論においても,その副次的な効果として生物多様性の保全に注目が集まってきています。今後,海外で森林の保全・育成を図っていく上において,生物多様性の保全を考慮していくことがこれまで以上に必要になってきていると言えます。
 しかしながら,生態系は地域ごとに変化に富んでおり具体的基準を作成することは容易でないこと,森林や土地の利用は当該地域の産業活動や地域住民の生活と密接に関連しておりこれらとの十分な連携・調整を図る必要があること等の問題が存在します。
 国際緑化推進センターではこのような状況に踏まえ,生物多様性の保全と森林保全・育成に関連した国際的な議論の動向や取組事例等について国内外の有識者による報告と質疑応答・意見交換を行うための国際パネルディスカッションを開催します。
 多数の皆様のご参加をお待ちしています。  
 

◆日 時: 平成23年3月10日(木)13時〜16時30分 (開場12時45分予定)
   
◆場 所: 国立オリンピック記念青少年総合センター (国際交流棟 国際会議室)
  東京都渋谷区代々木神園町3−1
     TEL:03−3469−2525
   
◆次 第:
時 間 内   容
13:00 開会
13:05〜13:10 主催者挨拶
13:10〜13:15 来賓挨拶
13:15〜14:05 基調講演
   「生物多様性の価値(The intrinsic value of forest biodiversity)」
     橘川 次郎 氏  クイーンズランド大学 名誉教授
14:05〜15:20 パネリスト報告
   1. 「森林の保全に関する国際的議論の動向」
      武藤 信之 氏  林野庁森林整備部計画課海外林業協力室 課長補佐
   2. 「生物多様性の保全とマングローブ林」
      馬場 繁幸 氏  琉球大学 教授・国際マングローブ生態系協会 理事長
   3. 「Conserving biodiversity in a changing landscape」
      Christine Dawn Fletcher 氏  マレーシア森林研究所(FRIM)
15:20〜15:30 休憩
15:30〜16:30 パネルディスカッション及び質疑応答
   1. モデレーター: 藤間 剛 氏  森林総合研究所国際連携推進拠点 国際研究推進室長
   2. パネリスト: 橘川氏,武藤氏,馬場氏,Christine氏
16:30 閉会
   
◆定 員: 100名程度
   
◆申 込: 所属・氏名を明記した電子メールで受付けます(toshimasa@jifpro.or.jp宛)
 
◆参加料: 無料


これまでに開催した講演会,シンポジウム等のページへ