Japan International Forestry Promotion and Cooperation Center
  気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)及び京都議定書第11回締約国会合(CMP11)が,11月30日から12月12日までの日程で フランスのパリで開催されました。
  COP21では、2020年以降の次期枠組みについてパリ協定が合意され、各国の削減目標の国連提出やその国内対策などが義務付けされました。
   国際緑化推進センターでは、同会議に出席された、林野庁の井上泰子氏、飯田俊平氏、国際協力機構(JICA)の岡田裕貴氏を講師にお招きして、 COP21等における議論の動向等についての説明会を開催します。
 多数の皆様のご参加をお待ちしています。  
東京都渋谷区代々木神園町3−1
国立オリンピック記念青少年総合センター (センター棟 311号室)
飯田 俊平 林野庁 森林整備部 森林利用課 国際研究連絡調整官     
「COP21/CMP11(フランス・パリ) における森林吸収源に関する議論」
岡田 裕貴 独立行政法人国際協力機構 地球環境部森林自然環境G 調査役     
「COP21/CMP11(フランス・パリ) におけるJICAの情報発信
お申し込みは,下記フォームより受け付けます。
申込みフォーム:https://business.form-mailer.jp/fms/de1022db50943
(但し,定員に達した段階で締め切ります。)
これまでに開催した講演会,シンポジウム等のページへ
◆申 込:
◆次 第:
◆場 所:
平成28年1月13日(水)14:00〜16:00 (13:30〜開場予定)
TEL:03−3469−2525(代表)
井上 泰子 林野庁 森林整備部 計画課 海外林業協力室 課長補佐     
「COP21/CMP11(フランス・パリ) におけるREDD+に関する議論」
100名
無料
◆参加料:
◆定 員:
◆日 時:
COP21等報告会(森林分野)の開催